トップへ戻る

「上司であるあなたたちは成長しているのか?」
社長の問いかけで、ハッとしました

アコムでは2021年に現在の社長が就任し、人材育成にさらに力を入れて取り組んでいます。
そして現在はビジョン体系の再定義をおこない、
新しいビジョンや社長メッセージを載せたビジョンブックを新たに作成し
社内浸透に取り組んでいるところです。

新しいビジョンでは「全てのステークホルダーの期待に応えつづける」と掲げています。
その中で掲げた6つのステークホルダーの中のひとつである社員に対しては
「社員とその家族を今日よりも明日、さらに幸せにする」と明記しています。

社員にとっての「幸せ」には、働く環境や福利厚生が考えられますが、
成長のための教育機会創出という意味合いも含まれます。

弊社はおかげさまで離職率がとても低く、
キャリア入社の社員からも「人が良い」という感想を多くいただけます。
それ自体はとても良いことなのですが、
社内の居心地の良い環境に居続けるのでは、その先がありません。

人事部として、社員が外部の人材から刺激を受ける機会をさらに増やし、
企業理念である「創造と革新の経営」を体現する社員を増やしていきたいと思っています。

社員を応援し、挑戦を後押しするという、社長の強い思いは、
人材育成の取り組みにもあらわれています。

人材育成のためには、まず、リーダー層の成長が重要だと考えています。
「部下が成長しないという話が聞こえてくるけど、
上司であるあなたたち自身は成長しているのですか?」という社長からの問いかけは、
多くの幹部社員に刺さりました。

2019年からエナジースイッチさんにお願いしている『リーダーシップ強化研修』は、
まさに上司の成長、リーダーの成長のための取り組みのひとつです。
リーダーとしてのあり方等を、全管理職に学んでもらっています。

社員意識調査を実施すると、上司満足度(上司が話を聴いてくれる、上司が相談に乗ってくれる)の
スコアが高く出ており、効果を実感しています。

やらされ感ではなく、
「自ら学ぶ風土」を醸成したい。

人材育成への投資も増やしており、近年、研修の数や学習機会も増やしていますが、
一方的に与えるだけの研修では、あまり意味がありません。
社員がやらされ感で受講する受け身の研修ではなく、
「自ら学ぶ風土」をどのようにつくるかが課題です。

リーダーが成長することで、その部下たちが、
「このままだと置いていかれる、まずい、自分も成長しなければ!」と考え、
自ら行動するようになってほしいと考えています。

そのために、多くの研修に、役員や先輩社員の講話を取り入れたり、
選抜研修の受講者に先輩卒業生がメンターとなる制度も取り入れています。
これらは、先輩社員自身にとっての成長機会でもあり、
自身の経験を言語化し部下や後輩に伝えることで、新たな気づきが生まれる効果も期待しています。

相談したときから実施後まで、
この手厚さは初めてでした。

エナジースイッチさんに相談をすると、研修の目的や受講者の現状など、
とても細かく詳しく質問して、聴き出していただけます。
弊社の様々な要望を汲み取り、真摯に向き合い弊社に合わせた提案をいただき、
とてもありがたく感じています。

また、研修実施後の振り返りでは、感想レベルにとどまらず、アンケートを分析し、
その結果から見える次年度の改善提案までいただいています。
ここまでやっていただけることに驚くと共に大変感謝しています。

受講者数が多い研修では、様々な調整が生じますが、柔軟に対応していただき、
とても助かっています。

『リーダーシップ強化研修』は、私自身も、受講者として受講しましたが、
「質の高さ」を肌で感じました。
オンライン研修でありながら、講師との対話にとても引き込まれ、
気付いたら涙が出そうになりました。研修でこんな経験は初めてです。
講師の力量の高さが、今までとは段違いだと感じました。

受講者の多くが、『リーダーシップ強化研修』で学んだ1on1を継続しています。
部下を対象としたアンケートでも
「1on1をこれからも続けたい」という声がとても多く出されています。
人材開発室でもずっと継続していますが、チームワーク、
組織力向上に確実に寄与していると感じます。

弊社は、これからもビジョンを実現するために、人材育成に注力します。
研修だけでなく、社員が成長できる、その成長を会社が後押しできるような制度や仕組み、
取り組みのヒントなど、今後もエナジースイッチさんから提案していただくことを期待しています。


【竹田様】
2000年入社。営業、財務部を経て、2020年より人事部。人事制度策定等を経て、
2021年より現職。人材育成策の底上げ、ビジョン浸透に取組中。

【加藤様】
2002年入社。営業部門にて、コールセンターのオペレーションやマネジメント、
店頭窓口業務を担当。2019年より現職。

*役職は取材時のものです。

お問い合わせ